バストアップとダイエットを両立するための3つのポイント

ダイエット

 

バストアップしたいのは何も痩せている方だけではありません。

 

どちらかというと、ぽっちゃりした体型の方でもなぜかバストサイズは小さいという女性は多くいます。

 

私も、BMI21〜22をいったりきたりしているのですが、なぜかバストのサイズはBカップ。

 

以前付き合っている彼にも

 

この体型でこんなにバストが小さい女は初めて見た。

 

と言われちゃうくらいアンバランスな体型をしています。

 

かなり失礼なことを言われているような気がしますが、こんなことを言われてしまうとかなりショックですよね。

 

そこで、バストアップとダイエットは両立することができるのかを実際に実践してみることにしました。

 

今回は太るといわれているバストアップサプリメントは使わず、あくまでもバストアップとダイエットは両立することができるのかを実証していくことにします。

 

まず、実践するにあたってバストアップしながらダイエットをするにはどうしたらいいかを調べてみました。

 

調べた結果ポイントは3つです。

 

普通〜ぽっちゃり体型の貧乳は下半身デブが多い!

 

つまりは、自分の体型でいえば、トップバストのサイズだけ見ればC〜Dカップはあってもいいのに、アンダーバストが太いから貧乳に見えるのです。

 

鎖骨周辺は特に太っていないのに、なぜかウエストのくびれもなく、お尻もどっしり、脚も太いというアンバランスな体型になっていることが考えられます。

 

一見すると上半身は貧乳の為に太って見えないのですが、BMIの値が高かったり、下半身はがっしりしていてスカートをはくのが恥ずかしいという方も当てはまります。

 

過去の無理なダイエットが貧乳を招く!

 

実際に私の周りで、普通〜ぽっちゃり体型なのに貧乳の人は、若い時に無理な食事制限のダイエットをしている方が多いのです。

 

私も、過去のダイエットはかなり無茶をしています。

 

結果バストの脂肪は落ちたけれどもお尻から下はあまり痩せず下半身デブになった可能性が高いのです。

 

食事制限のみのダイエットをすると、バストの脂肪から痩せていき、リバウンドしてもバストに脂肪はつかないという悲劇的な結果が待っています。

 

バストアップとダイエットを両立するには筋トレと有酸素運動!

 

ぽっちゃり体型のバストアップとダイエットを両立するためには筋トレと有酸素運動を基本にします。

 

バストアップのためにはあえて食事制限はしません。

 

目標はアンダーバストから下のダイエットになります。

 

バストアップのための筋トレは腕立て伏せと合唱のポーズを1日10回2セット。

 

朝と夜にやる。

 

腕立て伏せや合唱のポーズなどの大胸筋トレーニングはバストアップに必要なトレーニングです。

 

下半身ダイエットのためのスクワットをやる。

 

スクワットは太ももの筋肉を鍛えます。

 

代謝を高めてくれるので、ダイエットしやすい体を作り上げますし、少ない回数でも効果的です。

 

全身運動にウォーキングを取り入れる。

 

ウォーキングは脂肪燃焼効果があり、ダイエットにお勧めです。

 

実際にトレーニングをした結果は?

 

私も実際に食事制限をせず、筋トレと有酸素運動をセットでダイエットをしたのですが、効果がありました。

 

筋肉量が増えたので体重は減っていませんが、ウエストや下半身はすっきりと痩せたのでダイエットは成功です。

 

しかも、アンダーバストは6センチ減ったのに対し、トップバストは1センチしか減りませんでしたので、バストのサイズが1カップ大きくなりました。

 

ということは、ダイエットをしながらバストアップに成功したのです。

 

バストアップとダイエットは一般的には両立しないといわれていますが、適切な方法で行うとちゃんと両立するのです。

 

ダイエットできた上にバストアップもしちゃうとなれば、貧乳に悩んでいる方は絶対にやったほうがいいと思います。

 

やせ型の方は減らす脂肪がないので、このやり方はお勧めできませんがぽっちゃり体型の方であれば真剣にやるときっとバストアップとダイエットは可能です。